×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Vラインの光脱毛について

Vライン脱毛をどのようにしたら良いか悩んでいる人は多いです。Vラインの脱毛処理の光脱毛について記載しています。よく耳にする「フラッシュ脱毛」「IPL脱毛」「プラズマ脱毛」が光脱毛と呼ばれる物の種類です。光脱毛の原理は、強力な白色ランプから放たれた、様々な波長が混ざった光をフィルターに1度かけることで、脱毛に効果がある光だけを取り出します。その光を毛根や毛包に照射する事で、レーザー脱毛と同じで、毛の再生組織を破壊して永久脱毛を可能にしています。一般的に光脱毛はレーザー脱毛と比べると、費用が安く済み、デリケートなVラインでも痛みが少ないと言われます。Vラインのムダ毛を光脱毛で脱毛処理する場合は、1回ですべて脱毛する事はできません。平均で4〜6回程度通う必要があります。回数は毛の量などにより個人差があります。カウンセリングを事前にしっかりと受け、費用などの相談もしておきましょう。

永久脱毛クリーム@「エピクリアクリーム」

Vラインの脱毛処理に手間や費用は出来るだけかけたくない人もいると思います。そう言った人におすすめなのが、自己処理で脱毛ができる「永久脱毛クリーム」です。永久脱毛クリームには、Vラインに使用できるものと使用できないものがありますので、必ず注意して使用するようにして下さい。お勧めなのが、Vラインの脱毛に使用できる「エピクリアクリーム」です。「エピクリアクリーム」は医薬部外品となっています。一般的な脱毛クリームと比べて浸透力に優れており、発毛抑制成分の働きで根元からムダ毛の成長を遅らせる効果が「エピクリアクリーム」には含まれています。「エピクリアクリーム」には自然成分の鎮静・保湿成分が配合されているので、脱毛した後に肌荒れやお肌の状態が気になるデリケートなVラインにもピッタリです。繰り返して使うことにより毛を細くし、永久脱毛に近い効果を「エピクリアクリーム」は期待させてくれる商品となっています。

永久脱毛クリームA「マジーナクリーム」

Vラインにも使用できるの永久脱毛クリームとしてもう1つ紹介します。「マジーナクリーム」もデリケートなVラインや顔の脱毛にも使用できる永久脱毛クリームとなっています。「マジーナクリーム」には発毛抑制剤が含まれています。発毛抑制剤は毛の再生を減らすことができる成分と言われています。毎週1回、6週間続けて使用することにより、毛の再生力を低下させる効果が期待できます。「脱毛ローション(発毛抑制剤)」をクリームと一緒に使用することで、さらに毛の再生を抑制させる効果が期待できます。Vラインにも使用できる、永久脱毛効果が商品には、クリームやローション以外にも、「永久脱毛ジェル」が販売されています。「永久脱毛ジェル」もムダ毛の再生能力を減少させる効果があると言われています。自身で脱毛処理を行う場合は、クリーム・ローション・ジェルなど自分にあった物を見つけてください。

Copyright © 2008 Vラインの光脱毛と脱毛クリーム